読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VR/AR/MR勉強会で、Metaについて発表しました

Unity Meta

Hatchupという会社よりご依頼いただき、第一回のVR/AR/MR勉強会で発表してきました。


atnd.org

vrar.connpass.com

(2つのイベントサイトで同時募集していたので、イベントURLが二つになっています)


第一回目のためか、合計で137名の方に申し込みいただきました。

f:id:Takyu:20161017225440j:plain

1. 発表内容

発表したスライドは下記です。

www.slideshare.net


今回は、MRデバイスのMetaについてざっと紹介しました。

Metaについては、下記のように何度かブログで紹介したことがあります。

magicbullet.hatenablog.jp

magicbullet.hatenablog.jp

magicbullet.hatenablog.jp

magicbullet.hatenablog.jp

今回の発表では、本体の構成の詳細とか、開発方法など、これまでブログで書いてなかった内容について話をしました。

2. 補足:Meta2について

ほんとはMeta2の実機で実演、とかやりたかったのですが、どうやらMeta2は早くて2016年末、あるいは2017年以降の出荷になるようです。(9/21にこんなメールが来ていました)


We are proud of the progress we’ve made, but admittedly, our work has yet to completely cross the finish line.

That said, we are still committed to begin shipping Meta 2 units before the end of 2016. We will start shipping Meta 2 units to pre-order customers in small batches before the end of 2016, and will continue to ship in larger waves in early 2017.


あと、Beta Testing Programは早期出荷のことと思っていたのですが(たしか優先出荷について書かれていた気がするのですが、、)、実際はMetaのオフィスで先行体験してフィードバックを提供する、というものだったようです。

ということで、Meta2について色々試せるのは2017年以降になるかもしれません。

3. 今後について

Meta2が届くまでは、Meta1についてもう少し調べてみようと思っています。

例えば、10/14の発表で少しだけ触れたのですが、Meta2はSLAMという機能を使って、Meta2を装着した人が部屋のどこにいるのか、を自己推定する機能が入っています。

Meta1にもその機能がα版として搭載されたので、Meta2の予習も兼ねて調べる予定です。

広告を非表示にする