読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#VR英語:57-3(Bullet Trainレビュー記事の表現)

前回からの続きです。前回と前々回はこちらです。

magicbullet.hatenablog.jp

magicbullet.hatenablog.jp


引き続き、記事の中にあった表現を紹介します。

there is a very lenient auto-aim system in place and the player can teleport around the area freely.

[訳の例]
とても寛大な自動照準システムがあり、プレーヤーはエリア周辺を自由にテレポートできます。


lenient

寛大な、という意味です。実は私は初めて見ました。

ゲームにおいて「当たり判定が甘い」とか、「敵の出現確率が低い」とか、そういうシステムのときに使えそうな単語ですね。



昨日のにまとめてもよかったかもですが、とりあえず以上です。

Bullet Trainは現時点では商用版になる予定はないそうです。

ただ、人気もあるので、もしかしたらなるかもね、ということが最後に書いてありました。

OC2でプレイしてみて、これまでとは一線を画すガンシューティングと思いました。

これがゲームになったらぜひやってみたいところです。

広告を非表示にする