読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#VR英語:55(Unity5.1.2p2 のVR関係のアップデート)

#VR英語 Oculus Rift Unity

Unity5の新しいパッチがリリースされました。

Unity - Unity QA - Patch Releases


Unityのパッチとは、正式のバージョンアップには間に合わないけど、修正が完了したものを差分更新という形で提供するものです。

と、以下に書いてあります。

Unity - Unity QA - Patch Releases


パッチを当てるといっても、実際はインストーラが自動でやってくれるので、対応するバージョンのインストーラをダウンロードして実行するだけでよいという優れものです。


今回、Oculus関係の開発の参考のため、VR関係の箇所を抜き出してみました。

リリース内容には、Improvement(より便利になったもの)とFixes(バグを改善したもの)と二種類あり、このリリースでは、

Improvement:1件
Fixes:9件

でした。

以下、詳細です。


Improvement

VR: Added an option to allow Cameras to render specifically to left/right eye for stereo 3D.

カメラがステレオ3Dのために左右の眼に対して描画できるオプションが追加された。



Fixes

(695727) - VR Oculus: Camera Viewport Rect now takes up the appropriate amount of Screen space.

Camera Viewport Rectは、適切な量のScreen spaceを占めるようになった。


(703281) - VR Oculus: Fixed crash when trying to access VRSettings.GetNativePtr while the Oculus HMD was not connected.

Oculus HMDが接続されていないときに、VRSettings.GetNativePtrにアクセスしようとしてクラッシュする問題に対応した。


(none) - VR Oculus: HMD can now be connected to application after it has already started. It can also be disconnected and reconnected during application run time.

アプリケーションが開始した後に、HMDを接続できるようになった。また、アプリケーション起動中にHMDを取り外したり、再接続することもできるようになった。


(none) - VR Oculus: Update to latest oculus dependencies.

最新のoculusの依存関係に合わせた
(この訳はちょっと自信ないです。たぶんOculus Utilities for Unityの新しいものが出るとか、そういうことなのかと思います)


(none) - VR: Camera transforms now reset when VRSettings.enabled is false or the loadedDevice is set to none. Camera parent transforms are not effected.

VRSettings.enabledが無効、あるいはloadedDeviceがnoneに設定されているとき、Cameraのtransformはリセットされる。
Cameraオブジェクトの親transformは影響を受けない。


(none) - VR: Fixed stereo rendering regression.

stereo rendering のデグレを修正した。


(none) - VR: Improved MSAA performance by only antialiasing eye textures, not the composited back buffer.

合成されたback bufferではなく、eye texturesのアンチエイリアスだけで、MSAAの性能が向上した。


(691345) - VR: Reenable vsync when device is disconnected.

デバイスが接続されていないとき、再びvsyncが可能になった。


(none) - VR: Virtual Reality Supported toggle in player settings no longer recreates the Graphics Device. VRSettings defaults to enabled and oculus if Virtual Reality is supported.

player settingsにあるVirtual Reality Supportedのトグル設定は、グラフィックデバイスを再構築しない。もしVirtual Realityがサポートされていれば、VRSettingsのデフォルト設定は有効であり、oculusになっている。

私自身内容がわかってない箇所もあるので、訳が間違っているところがあるかもしれません。ご指摘いただけると幸いです。


個人的にはこのパッチリリースによりDK2の接続が安定するところが楽しみです。