読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#VR英語:44-2(VRの盛り上がり継続に懐疑的な記事の表現)

昨日の続きです。


VR tends to be anti-social: it causes us to immerse in an alternate world apart from the people around us.


[訳の例]
VRはアンチソーシャルの傾向がある。なぜなら、私たちの周りの人とは離れた別の世界に没入させるからである。

immerse

「浸す」、「沈める」という意味です。causes us to〜 = 〜させる とセットで使われているので、
「没入させる」と訳しました。

VR英語で何度か紹介した、immersive = 没入型の の動詞です。

「没入」はVRの中でよく出てくる言葉ですので、覚えておくと便利かと思います。



It’s ironic that Facebook, the icon of social networking, is leading the charge into this essentially anti-social technology.

[訳の例]
ソーシャルネットワーキングのアイコンを持つFacebookにとっては皮肉なことに、この重要なアンチソーシャル技術に率先して突入しているのだ。


charge into

「突入する」です。

10年くらい前?に、「武装練金」というマンガがありました。

このマンガは、漢字のルビがカタカナ英語というのが多かったですが、その中で使われていました。

こんな感じです。

「突撃」=チャージ

「射撃」=シューティング

「集中した一瞬」=コンセントレーション ワン


VRとは関係ありませんが、ゲームだけでなく、マンガも合わせると覚えやすいこともありますね(笑)


明日に続きます。