#VR英語 :41 (VRの市場に関する記事の表現)

VRに関する市場が、2018年までに40億ドルになる、という試算について紹介した記事がありました。

www.forbes.com


とりあえず、ざっとみると、

・市場が拡大すること、

・PC向け、モバイル向けとあるが、これから消費者が持つデバイスの90%はモバイルベースになること

などが書かれていました。


詳細は記事を見ていただくとして、いくつかの表現を紹介したいと思います。

you can’t help but have noticed that there’s a lot of attention being garnered by the various VR and AR headsets on show.

[訳の例]
あなたは、E3の中で様々なVRまたはARヘッドセットによって多数の注目があつまっていることを気づかざるを得ない。


can’t help but 動詞の原形

「〜せざるを得ない」という意味です。can't help 〜ingという言い方と同じ意味です。

訳の通り「やむを得ず〜する」のような意味ですが、今回の場合は「嫌でも目に入るだろう=それくらいあちこちに展示されていたのだ」のような意味と考えるとわかりやすいかと思います。


We believe it has tremendous potential and it’s not just about expensive high-end devices such as the Oculus Rift.


[訳の例]
VR(=it)はすさまじい可能性を秘めており、OculusRiftのようなハイエンドデバイスのみの体験には留まらない。

tremendous

「すさまじい」という意味です。どの文脈だったかは忘れましたが、Palmerさんが何かのスピーチで使っていました。

カタカナ英語で発音すると「トレメンダス」です。Palmerさんの場合、「メ」にアクセントがある発音でした。

広告を非表示にする