読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#VR英語 :35 (モバイル,PC対応HMDの紹介記事にあった表現)

モバイルとPCの両方に対応したHMDが出るかもしれないようです。

vrfocus.com

この記事によると、

The GameFace Labs Developer Console (GFLDC) will offer a standalone Android console experience for both fully un-tethered VR, as well as doubling up to become a tethered PC VR HMD. Users will be able to connect to the SteamVR platform from Valve

とあるように、Androidデバイス単体としてスタンドアロンで動かすことができるだけでなく、SteamVRプラットフォームにケーブルで接続することで、PC用のHMDとしても使えるらしいです。


詳細は記事を見ていただくとして、いくつかの表現をピックアップして解説します。


We’re thrilled to offer developers the opportunity to cater to the both mobile and PC markets and create immersive, cross-platform experiences, all on the same device.


[訳の例]
私たちは、開発者に向けて、モバイルとPCの市場に対して(自社の製品を)提供し、同じデバイスで没入感のあるクロスプラットフォームでの体験を創り出せることにわくわくしています。


cater

「〜を提供する」という意味のほかに、「宴会料理などを調達する」という意味があります。

会社に勤めている方で、「ケータリング」という言葉を使うことがあるかと思います。

その動詞「ケーター」がこれです。


We believe Virtual Reality should be an untethered experience and our console brings that reality a step closer.

[訳の例]
私たちは、Virtual Realityが既存の制限をもたない(自由な)体験であり、我々のコンソールがそういった現実(※)をまた一歩近づけたと信じています。

※VRが広まる、という現実だと解釈しました。


untethered

tetherとは、「つなぎとめる」、「ロープなどで結ぶ」という意味です。

日本語で「テザリング」という言葉がありますが、それの動詞です。

よくスマートフォンの機能として使われるテザリングとは、スマートフォンがルータ機能を持って他の端末をネットワークにつなぐことですが、これの「つなぐ」は英語でtether(テザー)と言います。


今回は、untetherです。unとは "アンチ"のような意味があり、unが付くと意味が否定になることが多いです。

つまり、un-tetherなので「つなぎとめない」、「結ばない」という意味です。

今回は、つなぎとめない、の対象を既存の考え方とか枠、と解釈してみました。


本日紹介した単語は、いずれも日本語でも使われている言葉です。


こういう観点で見てみると、単語も覚えやすくなるかと思います。