読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#VR英語:29(Surreal VisionがOculus Researchに加わった記事の表現を勉強したいとき)

#VR英語

「Surreal Vision」という会社がOculus VR(Facebook)に加わったようです。

www.oculus.com

Surreal Visionは、現実風景を3Dスキャンする技術を持つ会社です。

詳細はMoguraVRさんの記事に書かれているのでご参考ください。

www.moguravr.com


ここでは、今回の記事に書かれている表現について2つほど解説したいと思います。



At Surreal Vision, we are overhauling state-of-the-art 3D scene reconstruction algorithms to provide a rich, up-to-date model of everything in the environment including people and their interactions with each other.

[訳の例]
Surreal Visionでは、人や、人同士の相互作用も含んだ全ての環境を含む、リッチで最新のモデルを提供すべく、最新の3Dシーン再構築アルゴリズムを抜本的に見直しています。


ここで出ている、state-of-the-art tとは、「最新の」という意味です。

これは以前のVR英語でも紹介した表現です。

magicbullet.hatenablog.jp

いつもの通り、あちこちで出てくる例を見る方が記憶に定着しやすいので、このように以前紹介した表現があれば、また書くようにします。


there’s no better place for us to help bring about these breakthroughs than Oculus.


[訳の例]
我々にとって、Oculus(にいる)以上に、それらのブレークスルーを引き起こすことを支援してくれる場所はありません。

ここでのno better 〜than 〜は、「それ以上に良い場所はない」(=ここが最良の場所だ)という強調表現です。


以下、ご参考ですが、よく似た表現に no better than という言い方があります。
(途中に"〜"が付いていません)


実は私自身苦手なのですが、no better than という表現は「〜も同然だ(どちらかというと悪い意味で)」という意味です。

例文
He seems to be a professional developer in VR, but he is no better than an outsider.
彼はVRのプロ開発者のように見えるが、何もわかってないも同然なのです。

(元々の意味が悪い方の意味なので、あまり表現がよくない文章になっていますがご了承ください)


こんな風に、何となく似てても意味が異なるものもたまにあります。

自戒も込めてですが、よく似ている表現はなるべくたくさんの英文に触れながら慣れていくしかないと思います。