読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#VR英語 :25-1(VR向け触覚体感グローブ "Glove One"にあった表現を使いたいとき)

#VR英語

先日、新しいグローブ型デバイスの予告記事が出てました。

www.gloveonevr.com


ざっくり言うと、GloveOneについては下記の通りです。

・ゲームの世界に表示させた手と、自分の手の動きを同期させることができる

・ゲーム世界で触ったものへの触覚を体感できる
(花びら、テーブルクロス、ボールなどを「触る」と、それぞれ異なる触覚を感じることができる

・炎を触ると強い触感が返ってくる(=「熱い」を疑似体感できる)




記事の内容の詳細は、上記の記事またはKickStarterをご確認ください。

www.kickstarter.com


ここでは、他でも使えそうな表現について解説します。



Gloveone technical specs include the most cutting edge technologies to ensure comfort and an extreme in game experience.


[訳の例]

GloveOneの技術的スペックは、快適ですばらしいゲーム体験を保証するための、最先端の技術を含んでいます。


ここで使われている cutting edge technologies とは、「最先端の技術」という意味です。


ところで、この表現は、Star Ocean 3の通常戦闘曲「Cutting Edge of Notion」(あえて訳せば「最先端の考え」)でも使われています。


下記のリンクより、Cutting Edge of Notionの視聴が可能です。SO3をプレイしたことがある方ならよくご存知かと思います。


www.amazon.co.jp


個人的には、以前ゲームで知った言葉がこんなところでも使われてることにちょっと驚きました(笑)


さらにおまけですが、「最先端の」という意味の表現は、他にも

state of the art

というのもあります。 state of the art technologies で「最先端技術」という意味です。

Oculus 向けゲームを作って、「これは最先端のゲームだ」のように強めのアピールをしたいときは便利な表現かと思います。


ところで、state of the art を私が覚えたきっかけは、以前TOEICの問題集を解いていたときに出てきて解けなかったことでした。


ゲームで出てきた、問題が解けなかったなど、別のところで出た内容と記憶を結びつけると、英語の表現も覚えやすくなるかなと思います。


この紹介記事は他にも解説したい表現があるので、明日に続きます。