読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#VR英語 :22-1(Oculus Connectの内容を把握したいとき)

#VR英語

ご存知の通り、数日前にOculus Connect2の発表がありました。

せっかくなのでOculusConnect2の発表記事を使って、何か使えそうな表現を解説したいと思います。

Oculus Connectの公式サイトは下記です。

www.oculus.com


まずは概要です。

The Event

Oculus Connect 2 is our second annual developer conference where engineers, designers, and creatives from around the world come together to learn about the future of the Oculus platform and push virtual reality forward.

This year’s Connect will feature keynotes from Brendan Iribe, Michael Abrash, and John Carmack, plus everything developers need to know to launch on the Rift and Gear VR.


[訳の例]
Oculus Connect2は、2回目になる年1回開催の開発者会議で、Oculus platformの未来について学び、virtual realityを前進させるために、世界中のエンジニア、デザイナ、クリエイターが集まります。

今年のConnectは、Iribe Brendan、Michael Abrash、John Carmackによるキーノートの他に、RiftとGearVRの事業を開始するために、全てのdeveloperが知るべきことを紹介します。


annual

annual というのは「年1回の」という意味です。

(annual と付けたということは、今後も毎年Oculus Connectを開催する、という意思表示でしょうか?)

関連すると思われる単語で、「anniversary」があります。

日本語でも「アニバーサリー」とそのまま使うことがあります。

意味は、「(年1回の)記念日」です。よく見るのはディズニーランドやユニバーサルスタジオジャパンでしょうか。


わかりやすいサイトが見つけられませんでしたが、たとえば、

「ディズニーシー5th アニバーサリー」

とあれば、ディズニーシー 開園5周年記念、という意味です。


あと、一応英語のサイトでも出てきたので、たぶん英語圏でも使われているようですが、

anniversary cake は、「一周年記念のケーキ」=「結婚記念日のケーキ」のようにも言えるようです。


launch on


実は辞書でちょっと調べただけだと、launch on そのものの意味は載っていませんでした。

しかし、launch には、

事業などを始める」とか、

「新製品などを発売する」

のような意味があります。

日本語だと「新製品をローンチする(発売する)」という表現を見たことがあります。

なので、ここのlaunch on もRift やGear VRを製品版として発売する、ということなのだと思います。


そうすると、

everything developers need to know to launch on the Rift and Gear VR.

とは

RiftやGear VRの製品版を発売するために、全てのdeveloperが知っておくべきこと

となります。

製品版に関する重要な情報が発表される可能性が高そうです。


明日は、引き続き公式HPの解説を進めます。