読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#VR英語 :19 (商品交換手続きに関するメール内容を把握したいとき)

#VR英語

下記でログファイルを送ったあと、返答が返ってきた場合です。

magicbullet.hatenablog.jp

f:id:Takyu:20150515221645p:plain


Based on the information you’ve provided, we want to take your unit in.


[訳の例]
あなたが提供してくれた情報に基づき、我々はあなたのDK2を引き取りたいと思います。


ここでは、英語に関する解説は特にありません。

今回の私の場合、ログファイルに出ていた症状から交換対象と判断されたようです。

You may be subject to customs charges, import duties and taxes, levied when the Product reaches your specified destination.

[訳の例]
新しいDK2があなたの住所に届くとき、関税、輸入税、その他税金が課せられる可能性があります
(のでご了承ください)。


customs charges : 関税

import duties : 輸入税

です。

あまりうまく説明できないのですが、 be subject toで、「〜することになる」という意味があります。

あまり望ましくないというか、無理矢理なってしまうというか、そんなニュアンスだと思います。



またまた私の話で恐縮ですが、このやり取りの後、Fedexで送るための用紙が電子データで添付されてきました。
(配送料金は全部支払い済みでした!)


これを全部印刷してDK2を適当な箱に箱詰めしてからFedexに集荷依頼を出すと、うちまで取りにきてくれます。

Fedexの会員ページからだと新規集荷依頼しか見つけられなかったので、OculusSupportから来たラベルに書いてあるトラックナンバーを伝えました。


集荷し、返送状態になった後、数時間もしないうちに「返送中と確認したので、新しいDK2を発送しました」という連絡が!

そして、故障したDK2を送ってからわずか一週間以内の今日、新しいDK2が届きました!

f:id:Takyu:20150515202903j:plain


VR英語とは関係ないですが、Oculus Supportの対応は早くて丁寧でした。


さて、明日から別の内容で書こうと思います。