読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#VR英語 :12 (質問したいとき、その2)

主に体験終了後に質問したいとき、の例です。

f:id:Takyu:20150506210206p:plain


Are you feeling sick?


通称VR酔いには個人差があるようなので、ある人が平気でも別の人は酔ってしまうことがあります。

もし気分が悪そうな雰囲気だったら、早めにこの質問をして、もしあればどこか休めるところに案内してあげるのがよいと思います。

ちなみに、もしこの質問にYesと返ってきた場合、

Some benches are over there. I'll show you around.

ベンチがあそこにあります。ご案内いたします。


のよう言う場合が考えられます。


Are you magazine reporter or something?


もしかして、ということで聞きたい場合、取材関係の方の種類は数多くあります。

雑誌記者、Webサイト記者、報道関係の記者、などなど。


それぞれ訳しながら話すと大変ですし、英文が長くなって相手に通じづらくなりますので、何か全部をまとめた言葉にするのがよいと思います。

私の場合、まとめた表現でよいものが思いつかなかったので、

「雑誌関係の記者の方とかですか?」

一例だけ具体化して、あとは「とかですか?」のようにぼかしてみました。


もし相手が何らかの取材関係者であれば、

「そうそう、実は"xxx"という雑誌でVRの特集を組む予定なんだけど〜」

とか、

「雑誌? いや、私は"yyy"というサイトの編集をやっていて〜」

とか、会話がつながることが期待できます。



Is there anything you left?


VR体験時には、鞄を置く、メガネを外す、体験内容によってはコートを脱いだりなど、忘れ物が出やすくなります。

最後にこれを聞くことで、安心して次の方のご案内ができるかと思います。


ちなみに、下記によると、

Do you have everything?

でも通じるようです。

言いやすい方を使うことでよいかと思います。

mymeet-up.com

広告を非表示にする