読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Oculus Connect2014の講演を確認しました(9/19追記)

Oculus Rift Oculus Connect

=======================================================
9/19
※本家のサイトが更新されたので、以下を追記しました。
・9/20 4:45 PM 360-DEGREE FILMMAKING FOR VIRTUAL REALITY
・9/20 4:45 PM ELEVATING YOUR VR
9/17
※本家のサイトが更新されたので、以下を追記しました。
・9/19 5:00 PM THE VALUE OF VR FOR PROFESSIONAL APPLICATIONS
・9/20 6:00 PM GETTING STARTED WITH GEAR VR
また、9/19,20とも開始時間が1時間ずつ遅くなっていたので、各講演の開始時間を修正しました。
=======================================================

OculusRiftの開発者会議「Oculus Connect」へ行ってきます。


Oculus Connect | Hollywood, CA | 09/19 - 09/20


日本語の紹介記事はあまりないのですが、こちらが最新かと思われます(9/15時点)。

OculusRift初の開発者向けの公式イベント「OculusConnect」9月に開催 | VR MEDIA


上記の通り、OculusConnectとは、OculusRiftの開発者、および関係者を対象にした会議です。

ロサンゼルスにて、現地時間の9/19,20に開催されます。

OculusVR社の講演だけでなく、自分たちのソフトをデモできるコーナーもあるようです。


全部聴いて理解できるだけの英語力があるか、というと正直微妙なところですが、せっかくの機会なのでできるだけ多くの講演を聴いて理解してきたいと思ってます。

ということで、予習のために講演概要をまとめてみました。

Oculus Connectの日程

※9/15時点のサイト情報を元に訳しています。その後更新、変更される可能性があります。
※急いで作ったので、細かい文法で間違ってるところもあるかもしれません。

9/19

開始時刻 講演タイトル 講演者 概要(意訳)
5:00 PM BUILDING THE FIRST RIFT DEVELOPMENT KIT Nirav Patal, Engineer @Oculus (記載なし)
5:00 PM THE HUMAN VISUAL SYSTEM & THE RIFT Richard Yao, PhD, Experimental Perceptual Psychologist @ Oculus この講演では、VRのhuman component、知覚システムに注目する。知覚システムが、Riftの内側(あるいは外側)で何をしているのか、また、このシステムがどうやって様々な体験の快適さに関する情報を伝えているのか、について議論する。
5:00 PM THE VALUE OF VR FOR PROFESSIONAL APPLICATIONS Sebastian Kuntz, President @ I’m in VR VRはこの20年間、生活、時間、お金の節約するために専門職の中だけで使われてきた。Oculus Rift登場以前、エンジニアは、車、飛行機、ボートなどのプロトタイプのデザインにVRを使っていた。仮想のスーパーマーケットは、商品の収納や店舗レイアウトによる影響調査のために作られた。訓練シミュレーションは、消防隊や執刀医など、様々な専門職に活用された。セラピストは、制御環境下での恐怖症を治療するためにVRを用いた。我々はこれら全てのアプリケーション(とさらなる事例を)議論し、なぜVRが生活の中で計り知れないほど貴重であるかについて、確かめてみる。
6:00 PM WELCOME RECEPTION Palmer Luckey Palmer氏より、今回のOculusConnectのコンセプトを説明。また、Palmer氏の誕生日を祝いつつレセプションパーティ。
7:00 PM DEMO LOUNGE OPENS 参加者の開発物を展示できる場を開放。10:00PMまで。DK2とPCも利用可能(台数に限りあり)

9/20

開始時刻 講演タイトル 講演者 概要(意訳)
7:00 AM Breakfast
9:30 AM KEYNOTE BY BRENDAN IRIBE AND NATE MITCHELL Brendan Iribe, CEO @ Oculus and Nate Mitchell (記載なし)
10:45 AM KEYNOTE BY MICHAEL ABRASH Michael Abrash, Chief Scientist @ Oculus VRは私たちの情報とコンピュータとの触れ合い方を変える可能性がある。しかし、未来は情熱や避けがたい力だけでは作られず、実現できる力を持った人たちの行動によって作られる。OculusConnectに集まった方々は、そんなVRの実現ができる数少ない幸運な方々である。この講演では、なぜVRが我々の未来の一部の鍵となるのか、なぜ以前にも来たVRブームと今回は異なっているのか、そしてそれが開発者にとって何を示唆するるのか、について述べる。
11:30 AM KEYNOTE BY JOHN CARMACK John Carmack, CTO @ Oculus (記載なし)
12:00 PM DEMO LOUNGE OPENS (講演者なし)
1:00 PM LUNCH
2:15 PM THE FUTURE OF VR Michael Abrash, (Chief Scientist); Atman Binstock (Chief Architect); John Carmack (CTO); Palmer Luckey (Founder); Nate Mitchell (VP Product; Panel Moderator) VR分野に対してビジョンを持った登壇者達が、VRの未来を語るオープンディスカッション。聴講者およびTwitter(#FutureOfVR)を通しての質問を歓迎する。
3:30 PM DEVELOPING FOR THE RIFT DK2 Volga Aksoy, Software Engineer @ Oculus & Mike Antonov, Chief Software Architect @ Oculus この講演は、DK2と最新のSDKを統合し、よりよいVR体験を作りたい開発者にとって理想的な講演である。講演では、内部の実装の詳細と、どうやって新機能が異なるゲームエンジンアーキテクチャに統合されていくか、という実用面に注目し、また、未だ発展中のそれらの技術面についても検討する。重要なポイントは、end-to-endのlatency tracking、dynamic prediction、judder、latency mitigation strategies、また、SDKにある視覚的な改善を含んでいる。
3:30 PM BEST PRACTICES FOR VR DEVELOPMENT Tom Forsyth, Software Architect @ Oculus Virtual Realityは、モニターベースのゲームとは多くの点で極めて大きく異なっている。これまでのゲームにとっては単に見かけをよくするだけの多くの選択が、VRでは信じられないほど重要になる。一方で、これまで重要だった選択はそうでなくなる。Oculus社では、我々の経験によるVR作品、および我々のプラットフォームで動く他の開発者の作品を集めた。それは、私たちにとても驚くべきことを教えてくれた。いくつかは、出荷された製品を見たときに明らかだった。失敗という結果になる多くの道筋や、とても複雑かつ理解するためには極めて重要な繊細さがあった。だが、多くはゲームプレイ中には明らかにはならないようだった。この講演では、デザイナーと開発者が初めてVirtual Realityを調査するときに考慮すべき、一握りの重要な試みに焦点を当てる。
3:30 PM LEARNINGS FROM UE4 ENGINE INTEGRATION AND DEMOS Nick Whiting, Lead Programmer @ Epic Games & Nick Donaldson, Senior Designer @ Epic Games 我々は、どうやってOculusRiftハードウェアをUnreal Engine 4 に統合したのか、についてハイレベルな概要を述べる。また、遅延を減らし、Unreal Engine4を最適化する方法も述べる。加えて、我々は、最初のOculus社のプロトタイプハードウェアを通して創り上げた、成功、失敗、および学んで得た知見について討論する。
4:45 PM LEARNING FROM LUCKY’S TALE Paul Bettner, CEO @ Playful Studios & Dan Hurd, Design Director @ Playful Studios 2年前、我々は未来を見た。2012年のPalmerの散らかった机の周りの暗がりで、電線管をテープで止めたデバイスを目の前に固定し、別の世界を覗き込んだ。この瞬間が我々のキャリアを変えた。ほどなくして、我々はPlayful Corpを設立し、VRゲーム開発に向かって飛び込んだ。三人称視点のカメラデザインのah-haな瞬間を通して得たcrazy-rapid prototypingと即席の吐き気、そして、E3でのLuckyの物語による素晴らしきデビュー。これが我々のストーリーである。本講演では、何十ものプロトタイプを見せ、目を見張るほどの失敗を共有し、驚くべき成功について議論する。 Join us for a walkthrough of Lucky’s development and beyond!
4:45 PM 360-DEGREE FILMMAKING FOR VIRTUAL REALITY Kamal Sinclair, Co-Director @ Sundance Institute New Frontier; Chris Milk, Director; Paul Raphael, Co-Founder @ Felix & Paul Studio; Ikrima Elhassan, Co-Founder @ Kite & Lightning Virtual Realityは、私たちに360度映像の中に住めるようにしてくれた。しかし、人間がある瞬間を捉えたときの見え方は、単にカメラのスティッチをした結果以上のものである。立体視は、360度カメラを結合させたときの独特な技術的チャレンジを示しており、球状構成は、VR映像撮影技術に対して新しい複雑さを与えてくれる。Kamal Sinclair (Sundance New Frontier)、Chris Milk (Beck: Hello, Again)、 Paul Raphaël (Strangers with Patrick Watson)、Ikrima Elhassan (Senza Peso)を交えて、現状の360度映像技術で何が可能か、映画会社はどうやったら、それらの描画環境を最大限に活かすことができるのかについて議論する。
4:45 PM ELEVATING YOUR VR Tom Heath, Senior Software Engineer @ Oculus VRを「良い」状態から「息をのむほどわくわくする状態」に引き上げたもの、そこに至るまでの実際のステップ、を認識するにはどうすればよいか。 この講演では、VRで優れているレベルを認識する方法、あなた達のプロダクトをさらなる高みに引き上げる方法について述べる。我々は共通の問題やうっかりした足りない点を認識しており、トラブルシューティングに対するアドバイスの提供や、あなた方のVR経験を本来あるべき形に強化する方法を共有する。このような経験や知見を描くことで、我々は多少なりとも開発者の助けになると考えている。
6:00 PM GETTING STARTED WITH GEAR VR John Carmack, CTO @ Oculus & Max Cohen, VP Mobile @ Oculus Gear VRを始めるには、Oculusによって作られたGear VR Innovator Edition向けのコンテンツ開発の基本を把握する必要がある。初期に発表されたコンテンツ、ハードウェア、販売プランは、in-depth developer-led sessionに沿っている。これはUnityを使ったOculus Mobile SDKに対応しており、Galaxy Note4のハードウェアで60fpsで動くように最適化された経験を作るための開発のヒントやちょっとした方法によって、迅速にVRプロジェクトを作ることができる。
6:00 PM INTRODUCTION TO AUDIO FOR VIRTUAL REALITY Brian Hook, Audio Engineering @ Oculus この講演では、Virtual Reality内の音響に関する独特の問題や解決方法について概要を述べる。我々は、VR環境の中でプレーヤーを没入させるという状況下で、存在、音響デザイン、3D空間オーディオ、ヘッドフォンベースの音響について議論する。
6:00 PM FILM AND STORYTELLING IN VR Moderator: Eugene Chung, Director of Film & Media, Oculus Story Studio @ Oculus Panel Speakers: Robert Stromberg, Director; Saschka Unseld, Director; John Gaeta, Creative Director, New Media and Experiences @ Lucasfilm; Kim Libreri, CTO @ Epic Games Virtual Realityの物語は未だ初期段階である。しかし、VRは、今日の映画から革新的に発進する芸術的表現の新たな中間地点を表している。Robert Stromberg(複数のオスカー賞受賞者)と映画「Maleficent」の監督から学び、映画「Matrix」のbullet time のイノベータであるLucasfilmのJohn Gaetaより、Star Warsの象徴的なコンテンツを使ったOculusRiftの試験的な作品について聞き、リアルタイムゲームエンジンの複雑さと、Epic Games CTOでありVFX思想指導者として受賞したKim Libreriより、リアルタイム映画の未来をなぜ表現できるのか、を熟考せよ。そして、Pixarの映画「The Blue Umbrella」の監督であるSaschka UnseldによるVR物語により、Oculusのもつ初期の経験についてより多くを発見するとよい。
7:00 PM CLOSING NIGHT COCKTAIL RECEPTION AND POOLSIDE PARTY (講演者なし) プールサイドにて食べ物、飲み物、ミュージカルエンターテイメントをお楽しみつつ、Oculus社とこの日のイベントやVirtual Realityの未来について語り合いましょう。
7:00 PM DEMO LOUNGE REMAINS OPEN ALL EVENING (講演者なし)  


けっこう盛りだくさんですね。また、パラレルセッションの時間帯もあるので全部聴くのは無理そうです。

#OcuFesのメンバーも何人か参加されるので、うまく情報共有していきたいです。
(参加の皆さん、よろしくお願いします)


OculusConnectの内容については、帰国後後日どこかで発表できればと思います。

以上です。

広告を非表示にする