読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニコニコ超会議に出展します

ニコニコ超会議(4/26,27 @幕張メッセ)に出展させていただくこととなりました。

内容は前回のUnbounded Space改良版です。

f:id:Takyu:20140420223751p:plain

前回からの変更点

  • カードの枚数を30枚->72枚に増量
  • カバーフロー機能の追加
  • OculusRiftを軽くたたくことで決定/キャンセルが可能な「RiftTap」を搭載したこと


今回のメインテーマはVR向けの操作系検証です。

OculusRiftを使っている方はよくご存知と思いますが、目の前が完全に見えなくなってしまうため、キーボードやXboxコントローラのような従来ゲーム向け操作デバイスは非常に使いづらくなってしまいます。

また、前後左右の情報が見られるのがOculusRiftの強みとはいえ、後ろを見ようとすると首がけっこうつらいことになってしまいます。


そこで、今回は3つの工夫をしてみました。

1. RiftTapを用いることで、OculusRiftのみで操作を可能にした

2. カバーフロー機能を搭載することで、後ろの情報もページ送りの要領で目の前に移動できるようにした

3. PSoveの大きめなボタンでなるべく多くの操作ができるようにして、目の前が見えなくても主要操作を可能にした


VRの中で何かを見る、操作する、という観点でよりわかりやすくなったかと思います。

もしお時間あればぜひお越し下さい。

広告を非表示にする