OculusRift事始めと2013年の振り返り

===
これはOculus Advent Calendarの10日目の投稿です。

http://atnd.org/events/45316
===

2013年も終わりということで、OculusRiftの入手方法からゲームの作り方、ついでに今年作ったゲームを振り返ってみようと思います。

■OculusRiftの買い方

私の場合はOculusVRに直接申し込みました。支払いはPayPal経由です。

買い方については下記をご覧ください。


Oculus Rift 来る! - Cross Road


ここにも少し書きましたが、OculusVR社の対応は全体的に丁寧です。一度質問したときもすぐに返事が返ってきました。

他のサイトなどでも丁寧な解説がされてるのでそちらも参考にしてみてください。

[ご参考]
http://wiki.oculusvr.jp/index.php?購入方法

■Unityの使い方

Oculusに限らず、独自のデバイスドライバを要する機器を使う場合、UnityProが必要です。
LeapMotionとか、RazerHydraを使う場合もそうです。
※2013/12/10時点。

ただし、OculusRiftを買うと、UnityProの試用ライセンスが付いてきます。ライセンスコードは、OculusVRから届く「出荷しました」、のメール内リンクから参照できます。

UnityProとOculusが届いたらまずは動かしましょう。
基本的な動かし方や、ちょっとした改造方法は下記に書きました。

Oculus RiftとUnityを連携した - Cross Road

Oculus RiftのTuscanyデモで、柵を超えてみる - Cross Road

■ゲームの作り方

手段はなんでもよいと思いますが、色々できるUnityがオススメです。

ちなみに私はUnityを知らなかったので、この本を買って色々動かしてみました。

全ページカラーですし、わかりやすかったです。

http://www.amazon.co.jp/Unity-4マスターブック―3Dゲームエンジンを使いこなす-和泉-信生/dp/4877832742/ref=pd_sim_b_11


では作り方です。

まずはゲームで作りたいものを思い浮かべます。

そしたら、メインの動きや処理の作成に入ります。
個人的には、この時点では背景とかは追加せず、出現させるオブジェクトもなるべく最小限にした方が、動きの確認がしやすくなってよいと思ってます。

例えばスパイダーマンもどきのSpiculusでは、糸を飛ばして移動させる処理がメインですが、これをつくるときは、ずっとこんな構成で作ってました。

f:id:Takyu:20131208210220p:plain

質素ですね(笑)

この状態で必要な処理を作り、動く目処が付いてから背景やカウントダウンの処理を入れました。
こうしてocufes時に出来上がったのが以下です。

f:id:Takyu:20131208210628p:plain

背景などと組み合わせると一気にゲームらしくなって面白くなってきます。

■おまけ:これまで作ったもの

参考までに、これまで作ったゲームを掲載します。

●Cliff Dive

初めて作ったゲーム、というよりはVR体験です。
高さの異なる崖から一気に落ちるだけです。
機会があったら空気抵抗を入れようかと思ってそのままになっています。

最初に作った実験作
Oculus Rift向けのアプリケーションを作ってみる - Cross Road

※ここに書いてある「アプリが終了できない」は8/15のブログに解決策が書いてあります。
OculusSDKのバージョンが古いことが原因だったので、もう起こらないと思います。
Oculus用Unityアプリケーションが終了しない問題が解決しました - Cross Road

Ocufes用には外観とか落ちる高さを変えました。
http://magicbullet.hatenablog.jp/entry/2013/08/04/104525


雰囲気はこんな感じです。

●Balloon Catcher

仮想空間の都市モデルを動き回って風船を集めます。
第一回のOcufesに出展しました。
来場者の方々からは、仮想都市を飛び回るのが面白いというコメントをいただけました。

Oculus Festival Japanに出展しました - Cross Road


雰囲気はこんな感じです。

●Spiculus

仮想都市を動き回る、というところからBalloon Catcherを発展させてスパイダーマン風の動きを付けました。
第二回のOcufesに出展しました。
実はこれ、立体機動みたいな動きができるのですが、この動きが地味に人気があったようです。

第2回Oculus Festival in Japanに出展します - Cross Road

ちなみに、立体機動っぽい動きはこんな感じです。

●VR 10クマ集め
第一回Oculus Game Jamで作ったものです。
OculusRiftはVR用ですが、既に色々な方が試されてるように実写映像の表示でバイスとしても使えます。
今回は実写->VRへの移行体験をやってみたくて作りました。解像度の下がった現実風景を見るのはなかなか楽しいものです。

動画

現実->仮想空間への移行イメージ

10クマ集めのゲーム部分

■終わりに

OculusRiftとUnityのおかげでひとまずここまでできました。

次のネタですがいくつか考えています。

・せっかくなので少し手直ししてSpiculusをOculusVR Shareに出す

・PSMoveを使ってシューティングとクイズゲームの融合版を作る

・???(もう少しできてから)

来年度はHD版のOculusRiftが出るという噂もあるので楽しみですね。


次回は@k0rinさんです。よろしくお願いします。

広告を非表示にする