UbuntuとWindows7のデュアルブートで起こした失敗と対応方法

Ubuntu12.04とWindows7 Home PremiumをデュアルブートさせているノートPCからUbuntuを取り除く作業をやったのですが、手順を間違ってWindowsが起動しなくなる、というトラブルに見舞われました。

最終的には復旧しましたが、試行錯誤も含めて、復旧方法を書いておこうと思います。

[問題を起こしてしまったときの直前の操作]

Windows7起動中に、ディスク設定でUbuntuが入っているHDD領域を消してしまった

 ->実はこの領域にgrubがあったが消えてしまったのでMBRが探しても起動指示ファイルが何も見えなくなり、Windowsも起動しない

[対処方法] Ubuntuを再インストールし、インストール時にWindowsとのデュアルブートを選択することで解決します。

また、今後はWindows7をメインに使いたいため、defaultの起動をWindows7に変更しました。

下記の記載はリンクとほぼ同じです。 http://coffeetime2011.at.webry.info/201212/article_6.html

  1. ubuntuを再度インストールする
  2. ubuntu起動後、windows7が起動することを確認する
  3. 再度ubuntu起動後、grubの設定を書き換えてdefaultでwindowsが起動するようにする。 3-1. /boot/grub/grub.cfg menuentryの後の文字列 "Microsoft Windows 7 (on /dev/sda5)" をメモする 3-2. /etc/default/grub GRUB_DEFAULT="Microsoft Windows 7 (on /dev/sda5)" と変更する。

    3-3. 端末を開き、 # sudo update-grub2 を入力する。これでgrubが反映される。

 あとは再起動して放置すればwin7が起動する。

[補足]

Ubuntuインストール直後のubuntuはsuが使えないのでrootになれない。

root相当の操作をしたいときは、

# sudo su - で、現在のユーザのパスワードを入力すればrootになれる。

Windows7のシステム回復ディスク作成機能

Windows7にはこういう機能があり、空のCDを入れて作成することができます。

ただし、この回復ディスクは回復ディスクを作成したPC上でしか有効ではないようです。

 DELLのPCで回復ディスクを作り、acerのPCで適用したのですが、

「 DELLじゃないので読めない」という趣旨のエラーが出ました。 

 メーカー固有というのも考えにくいですが、もう少し寛大であってくれると嬉しいですよね。