読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unityでアニメーションを付ける

昨日は池袋で開催されたUnity勉強会に行ってきました。

人数は約20名、参加者の40%くらいがUnity初心者だそうです。

前半でUnityの使い方演習、iTweenVisual Editorの紹介、

後半は自習という進み方でした。

昨日初めて知ったiTween Visual Editorについて簡単に紹介します。

iTween Visual Editor

  • オブジェクトのアニメーションを簡単に設定できるAsset
  • Asset StoreからFreeで手に入る
  • プログラムで書くとすさまじく大変なアニメーションもパラメータの設定で作成できる

Asset Storeで 「iTween Editor」と検索すれば出てきます。

Unityプロジェクト内で任意のオブジェクトにアニメーションを付けるには下記の手順でやるといけるようです。

手順

1 . Unityで新規プロジェクトを作成し、GameObject -> Create Other -> Sphere のように、何かのオブジェクトを配置する。

2 . AssetStoreよりimport

3 . itweenpathファイル内の行の、pathNameに名前を付ける。

  public string pathName ="mypath";

 (ここではmypathとしました)

4 . 新しくC#スクリプト(javascriptでもよいと思う)を作り、myPathと名前を付ける(何でもよい)。

Start()内に以下を書く。

iTween.MoveTo(gameObject,iTweenHash("path", iTweenPath.GetPath("MyPath"),"time",3, "loopType", iTween.LoopType,pingPong));

5 . myPath.csを1で作ったオブジェクトにドラッグする。

6 . 1のオブジェクトを数カ所動かして移動先を決める。

他の参加者はこの手順でSphereに動きを付けることができていました。

が、僕のノートPC(windows7)は

 iTweenHash does not exist

というエラーが出てコンパイルエラーになってしまいました。iTweenをimportしているのにdoes not exist??

結局まだ自分のPCでは確認できていません。が、やり方自体は本来簡単なはずです。

何か軽く動きをつけたい場合は便利なAssetですね。

広告を非表示にする