Unity

Meta2 について(Unity SDK解説編)

Meta2のアプリ開発方法はUnityかOpenVRの2択があります。しかし、OpenVRはまだ一部しか機能実装されてないようなので、現時点では実質Unity一択と考えて良いと思います。今回は、MetaのUnity SDKを調べて、構成や使い方を整理してみました。これまでの開封…

UnityエンジニアがXCodeでiOSアプリをつくるときに調べた、UnityとXCodeの違い

以前書いた記事のアクセス数が多いことと、最近注目されているARKitを使って、XCodeでいつかiOSアプリを作ることを想定し、Unityで作る場合との違いを比較してみました。Unityは使っているけど、XCodeはあまり知らない(私のことです、、)という方の参考にな…

VR Hub Tokyo #3 に行ってきました

19/7に、VR Hub Tokyoというmeet upで発表してきました。 このコミュニティイベントには初めて参加したので、発表内容だけでなく、どんなコミュニティかの紹介もしたいと思います。またVR Hub Tokyoは、「 Impact Hub Tokyo」から生まれたコミュニティのよう…

【Unityアセットアドカレ】Shader Forgeでナイトプールを作ろう!

この記事は「Unity アセット真夏のアドベントカレンダー 2017」の最終日の記事です。昨日はjojomonさんによる、「【Unity】Embedded BrowserとVrGrabberを使ってVR空間で簡単ブラウザ操作 - VR Mastodon」でした。最終日は、Shaderをノードベースで作成でき…

【Untyアセットアドカレ】Set Pass Callを劇的に減らす「Mesh Baker」の使い方と、HoloLensでの動作結果

==== 2017/8/21 追記 5章の考察に、Set Pass Callsが200程度のモデルをHoloLensで見た場合の結果を追記しました ==== この記事は「Unity アセット真夏のアドベントカレンダー 2017」の13日目の記事です。昨日はkazumalabさんによる、「【Unity アセ…

Spatial Mappingのメッシュを動かさずに、キーボード操作をする方法

HoloLensのアプリケーション開発手段として、従来のHoloTool Kitに加えて、MR Design Labというプロジェクトがあります。これは、一部HoloToolKitのSDKを含みつつも、ユーザー操作機能が拡張されています。Unityで使う基本的な準備方法は下記にまとめたので…

HoloLensのUIサンプル「MR Design Lab Unity」の概要と、gitを使わない環境構築手順

HoloLensのアプリ開発にはHoloTool Kitを使うことが一般的ですが、2017年6月、Microsoftより新しい開発方法が発表されました。これはMR Design Labと呼ばれるもので、HoloLens(あるいはImmersive Deviceも含む)のUIやデザインのガイドライン的なものです。し…

世界初のVRカンファレンス「Japan VR Fest in Cluster」で、MRとSpatialUIについて発表しました

2017/7/22、VR開発者カンファレンスでMRについて発表しましたので、発表内容などをまとめました。 ======== 目次 1. Japan VR FestとClusterとは? 2. 発表したもの 3. Spatial UIとは? 4. 今作っているSpatial UI 5. 今後について ========

Visual Studioで "The OutputPath property is not set for project 'Assembly-CSharp.proj' "が出た時の対処方法

HoloLensアプリ開発をUnityで行う場合、Visual Studioが必須です。しかし、実際に開発されている方はよくご存知と思いますが、Visual Studioはどういうわけか不定期にエラーを出します。今回はエラー内容の一例と対応策を簡単にまとめました。 現象 Unityで…

githubで任意のバージョンのファイルを取得する方法

小ネタですが、備忘録として残しておきます。 技術情報を求めて色々な方のブログを見ていると、「githubからverX.XXのunitypackageを取得してUnityにインポートしてください」のような記述を見ることがあると思います。例えば、Google VRのunity SDKですが、…

【Unity】機能と性能面でLineRendererとGLを比較しました

最近、このツイートでお知らせした空間OS的なものを開発しています。 空間OS的なものを作り始めました。空間にどうやって情報を表示して操作すればよいかを色々試してみようと思っています。 #HoloLens pic.twitter.com/ZKWgt1WnvQ— Limes@XRDeveloper (@Whe…

UnityのGLを使って、HoloLensで線を描画してみる

Unityで線を引くにはいくつか方法があります。(1) Line Rendererを使う(2) Vectrosityアセットを使う(3) GLを使う (1)は「Unity LineRenderer」のようなキーワードで調べると色々な方が方法を書いてくださっています。(2)は以前書いたこちらを参照ください。…

@Muro_CGさんの講演を元に、Unityアセットの表現力を高める勉強をしました

今月、Unityのカンファレンス「Unite 2017 Tokyo」が開催され、Unityのライティング、Post Processing Stack、Shaderに関する技術的な講演がいくつかありました。XVI社の講演では前半は@GoromanさんによるVRのプレゼンスを高める方法(P.19-59)、後半は@Muro_…

UnityでBotが作れるアセット「Chatbot」を試してみました

最近、色々なところでコンピュータと人が自然言語で対話する仕組みを採用しました、のようなニュースを見ます。japan.cnet.comwww.nri.comこうやって、技術が進歩してくると、ゲームの世界でもキャラクターと自然に話ができるようになるのかな、と夢が膨らみ…

Holographic Academyの解説「Hologram 240- Sharing holograms」(Chapter3まで)

少し空いてしまいましたが、次は240の内容を整理しました。これまでの内容はこちらです。magicbullet.hatenablog.jpmagicbullet.hatenablog.jpmagicbullet.hatenablog.jpmagicbullet.hatenablog.jp 今回は、HoloLensの最大の特徴とも言える、Sharingについて…

apkをadb installしても終わらないときの対処方法

小ネタで対症療法ですが、備忘録として残しておきます。 Android StudioやUnityでビルドしたapkファイルは、PCとAndroid端末をUSBケーブルで接続し、コマンドプロンプトやターミナルで $ adb install <アプリケーション名>.apk とすると、インストールするこ…

MacのVisual Studio CodeとUnityを連携させる方法(5)

前回、Unity5.5とVisual Studio Codeの連携方法を記載しました。これにより、下記のように、コード補完(Inputと入力したら、GetKeyのようにUnity固有のAPIが入力候補として表示される)ができるようになっています。今回は、Visual Studio Codeでデバッグ機能…

MacのVisual Studio CodeとUnityを連携させる方法(4)

Mac上のUnityでVisual Studio Codeを使う方法について、これまで何度か紹介してきました。magicbullet.hatenablog.jpmagicbullet.hatenablog.jpmagicbullet.hatenablog.jpこれまでの方法では、Unityでプロジェクトを作るたびにPluginsフォルダを生成し、VSCo…

Holographic Academyの解説「Hologram 230- Spatial Mapping」

前回に引き続き、Holographic Academyについてです。今回は順番を飛ばしますが、Hologram 230 のSpatial Mappingについて整理しました。これまでの内容は下記にあります。 magicbullet.hatenablog.jpmagicbullet.hatenablog.jpmagicbullet.hatenablog.jp

UnityでAndroid向けのビルドをした時に、 Failed to re-package resourcesで失敗した時の対処方法

先日、購入したUnityのアセットのサンプルシーンをAndroid向けにビルドした時に、下記のようなエラーが出てビルドに失敗しました。Build FailureFailed to re-package resources. See the Console for details.同時に、数十行のエラーログが出ました。ログの…

Holographic Academyの解説「Hologram 211 - Gesture」

前回に引き続き、Holographic Academyについてです。前回まではこちらです。magicbullet.hatenablog.jpmagicbullet.hatenablog.jp 今回はHologram 211 Gesture について解説します。

Holographic Academyの解説「Hologram 210 - Gaze」

前回に引き続き、Holographic Academyについてです。前回の「Hologram 101」は、HoloLensの基本機能を網羅したシンプルな例でした。2XX以降は、それぞれの機能について発展的な使い方を紹介しています。今回はGaze(見つめる)についてです。

Holographic Academyの解説「Hologram 101」

==== 2017/2/4 追記Chapter 6のSpatial Mappingでチュートリアル通りに動かなかった箇所が解決したので、動作確認の動画を追加しました。====Microsoftでは、「Holographic Academy」というDeveloper用のページがあります。ここには、ゼロからHoloLe…

UnityでHoloLensのWorld Lockアプリを作る方法

前々回も紹介しましたが、HoloLensアプリには、・Body Lock(常に目の前に表示される)・World Lock(HoloLensが持つ三次元空間の中の絶対位置に配置される)・排他的表現(いわゆるフルスクリーン)の3種類があります。HoloLens講演。ホログラムの表示方法は3…

(2017/8/2追記あり)Unityのコミュニティ活動でMicrosoft MVPを受賞するには?

これはUnity Advent Calendar 2の16日目の記事です。昨日は、@riberunn さんの「メッセージやパラメータをYAMLファイルで定義・参照する」でした。 本日は、Microsoft MVPをUnityで受賞する方法を解説したいと思います。=================…

MRデバイスMeta2発売に備えて、Meta1と色々比較してみました

これは、Oculus Rift Advent Calendar 2016の6日目です。前回は、@obaatsu さんの 『ふぉとゆに』をViveからTouchに移行したハナシ でした。今回は、お題に含んでいただいてたので、VRではなく、MR(Mixed Reality)について書くことにしました。 === 目次 …

Unity+VR/AR/MR勉強会で、2つ同時の発表をしました。

下記でご依頼いただき、2種類の内容を同じ日に発表しました。atnd.org 発表1:UnityでAndroid nativeの機能を使う⽅法の勘所 ここ2ヶ月ほど、ブログで書いていた内容のまとめです。記事が多めになったので、いったん整理する意味で発表資料にしました。 20…

MacのVisual Studio CodeとUnityを連携させる方法(3)

以前紹介したように、私はMac版Unityで開発する時は、Visual Studio Codeを使っています。magicbullet.hatenablog.jpmagicbullet.hatenablog.jp(2)の記事で、インテリセンス(コード補完)が効かなくなったときの対処方法を書きましたが、先ほどそれでも対応で…

(4-2) UnityでBing Speech to Text API(Android用)を使う方法

前回の続きです。magicbullet.hatenablog.jp前回はUnityでBing Speech to Text(Android用)を使う手順のうち、Android Studio側で準備する内容を解説しました。今回はUnity側の手順を解説します。=============================…

(4-1) UnityでBing Speech to Text API(Android用)を使う方法

以前紹介した、MicrosoftのBing Speech To TextをUnityで使えるようにしてみました。magicbullet.hatenablog.jpただ、Android nativeアプリ開発に不慣れだったこともあり、色々とつまづきました。せっかくなので、修正過程を整理しておこうと思います。実行…