Meta

9月、10月のmeetup発表

ここ最近、いくつかのmeetupで発表する機会をいただきましたので、まとめて概要を紹介したいと思います。 1. 2017/9/15 日本のコミュニティ紹介 海外Microsoft MVPの方に、日本のコミュニティを紹介する会での発表です。私が主に活動している領域は、Unityを…

Meta2 について(Unity SDK解説編)

Meta2のアプリ開発方法はUnityかOpenVRの2択があります。しかし、OpenVRはまだ一部しか機能実装されてないようなので、現時点では実質Unity一択と考えて良いと思います。今回は、MetaのUnity SDKを調べて、構成や使い方を整理してみました。これまでの開封…

Meta2について(環境構築編)

前回から間が空いてしまいましたが、Meta2のセットアップ手順をまとめました。前回の開封編はこちらです。magicbullet.hatenablog.jpなお、Meta SDKのバージョンは2.4.0です。 (スクリーンショットにはv2.3.0のものも混じっています)===== 目次 0. PC…

Microsoft Visual C++ Runtime LibraryからRuntime Error!が出たときの対処方法

タイトル通りですが、Windowsを使っていると、アプリケーションによってはこのようなエラーが出ることがあります。私の場合は、Meta2というHead Mount Displayのチュートリアルアプリケーションを起動したときに、このエラーが出ました。ご参考;Meta2につい…

Meta2について(開封編)

Meta1のときと同様、申し込みから1年半かかりましたが、ようやくMeta2が届きました。 Meta2とは、Meta社が販売しているHead Mount Display(HMD)です。現実空間の上にCGを重ねて表示したり、目の前に色々な情報を出すことができます。以前Meta1という開発者…

MRデバイスMeta2発売に備えて、Meta1と色々比較してみました

これは、Oculus Rift Advent Calendar 2016の6日目です。前回は、@obaatsu さんの 『ふぉとゆに』をViveからTouchに移行したハナシ でした。今回は、お題に含んでいただいてたので、VRではなく、MR(Mixed Reality)について書くことにしました。 === 目次 …

Unity+VR/AR/MR勉強会で、2つ同時の発表をしました。

下記でご依頼いただき、2種類の内容を同じ日に発表しました。atnd.org 発表1:UnityでAndroid nativeの機能を使う⽅法の勘所 ここ2ヶ月ほど、ブログで書いていた内容のまとめです。記事が多めになったので、いったん整理する意味で発表資料にしました。 20…

VR/AR/MR勉強会で、Metaについて発表しました

Hatchupという会社よりご依頼いただき、第一回のVR/AR/MR勉強会で発表してきました。 atnd.orgvrar.connpass.com(2つのイベントサイトで同時募集していたので、イベントURLが二つになっています) 第一回目のためか、合計で137名の方に申し込みいただきました…

アプリ開発者目線でHoloLensとMetaの違いを整理してみました

最近MR/AR系の分野で注目を集めているのは、HoloLensとMeta2だと思います。いずれもかぶることで、実世界に重ね合わせてCGや各種情報を見ることができます。■HoloLensの使用イメージ ■Meta2の使用イメージ イメージ画像だけを見るとできることはだいたい同じ…

マイノリティリポートのような未来UIを作ってみました

Metaアプリ開発方法をブログに書くのは相変わらず止まったままですが、Metaで動くソフトを一つ作ってみたのでお知らせします。未来のUIを作りたい、というので以前Oculus向けにUnbounded Spaceというソフトを作りましたが、今回はそれのMeta版です。マイノリ…

ARメガネ「Meta」の購入方法

私の場合、Metaを注文してから届くまでに、けっこうな紆余曲折がありました。 【注文してから届くまでの経緯】2013/8月頃 PayPalでPreOrderとして注文2014/11月頃 『出荷準備ができた。しかし、PayPalでの登録から1年以上経ったので、PayPalとの契約が切れて…

ARメガネ「Meta」について

2013年8月にPreOrderを申し込んだMeta Space Glassがついに届きました! 申し込みから1年半かかりました。長かった、、 まずはMetaについて簡単に解説します。 Meta について ・Metaとは、電脳コイルのようなホログラムを目の前に表示させ、それを自分の手で…